Home » 舞鶴での物件売却ガイド

舞鶴での物件売却ガイド舞鶴市不動産情報 賃貸マンション・アパート・借家|アイシンクス不動産

物件
売却 適正な価格で早く売却するノウハウあります。舞鶴の物件を知り尽くしたコンサルティングマスター

 ただ単に売るというだけでなく、「より高く、よい条件で売る」ためのコンサルティング提案が可能です。
 舞鶴市不動産情報 住maiは、コンサルティングマスターとしての資格と経験を活かし、極力費用をかけず、かつより好条件で売るためのご提案が可能です。不動産売却は「ここに手を入れておくことで好条件を実現できる」というポイントがあります。これは知識だけでなく、経験を積んた不動産コンサルタントにしか実現できないノウハウです。
 その他、「住みながら売りに出したい」「いったん売却後もその家に引き続き借りて住みたい」など、難解なケースにも対応可能です。
 ぜひ、プロの不動産コンサルティングマスターと相談しながら一緒に進めていきましょう!

コンサルティングマスターのご提案力 3つのポイント

house1

売却物件の資産価値を適切に評価するノウハウ

あなた様の大切な物件です。プロの不動産コンサルティングマスターが最適な価格でお見積もりをさせていただきます。
お見積もりは無料です。

house1

売却手続きや流れを丁寧にコンサルできるノウハウ

不動産コンサルティングマスターの経験と知識を元に、売却の流れを丁寧に行うことにより、売却にともなう手続き(ローン返済・相続・借地など)をコンサルします。

house1

ホームページへの集客ノウハウ

集客力のあるホームページやポータルサイトへ物件を掲載し、できるだけ多くのお客様にご覧頂くきます。

物件売却の流れ

ステップ1 事前の準備行動を開始

まず物件の相場などの情報を収集をします。あなた様の所有物件について土地建物の現況、権利関係、税金や相続等の状況を把握しておきます。

ステップ2 当店へご相談ください

 まず、机上査定ではどのくらいになるかをお伝えします。現在の市況はどうか、特に取引物件周辺の動きが活発かどうかについてもアドバイスさせていただきます。
 また、売るために建物の内外装の手直しなどは必要かなど、確認させていただきます。
 業者様によっては媒介手数料の他に特別な広告費用などがかかることもあります。また、売れた場合にどんな税金がかかるかも把握しておくとよいでしょう。

ステップ3 当店にご依頼ください

(1)価格査定を依頼する
土地建物の登記簿謄本、測量図、建築確認控え、購入時のパンフレット等をご用意ください。なお、査定員が気づかないような瑕疵に気づいた場合はすぐに連絡をお願いいたします。
(2)媒介契約を締結する
物件調査をし、価格査定が終わると、その査定価格をもとに「売り出し価格」の打ち合わせをさせていただきます。この「売り出し価格」について同意いただけましたら、媒介契約を締結させていただきます。(依頼者と媒介業者との契約関係を明確にし、媒介業者の責任と報酬とのトラブルを防止するため)
 なお、媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つがあります。

専属専任媒介契約 依頼者は契約を締結した特定の業者以外の業者に媒介を依頼したり、自分で買い主を見つけることは出来ない。
専任媒介契約 依頼者は契約を締結した特定の業者以外の業者に媒介を依頼することは出来ないが、自分で買い主を見つけることは出来る。
一般媒介契約 依頼者が重ねて他業者への依頼が出来る契約。
(3)当店から営業状況をご報告
営業状況が思わしくないときは、それが価格の問題なのか広告の出し方の問題なのかを考え、ご相談の上改善を図っていきます。
(4)購入希望者が特定される
(5)契約条件の交渉をし、契約内容を確定する
 契約内容についての交渉は、主として当店が行います。売り主様は自らが希望する契約条件を当店にお伝えいただき、その希望をもとに当店が交渉を行います。その過程は、全て依頼者の方の同意を得て進めた上で、細かにご報告させていただきます。
 売買契約の案文は通常、当事者間で契約内容についておおよその合意がなされた時点で、当店から売り主様・買い主様、双方にご連絡いたします。当店からお示しした売買契約の案文に修正・加筆する必要がある場合はお申し出下さい。
 ご意見等があればその都度当店にご相談ください。その後、最終的な売買契約を作成します。
(6)要事項説明書の控え(又は写し)を受領する
 重要事項とは、宅地建物の購入者がその購入の意思決定を行うにあたって、その判断に重大な影響を与える事項のことです。重要事項には現在の事項だけでなく、将来の事項も含まれます。
 重要事項説明書とは、宅地建物取引業者が重要事項として買い主様に説明をしなければならない事項が記載されている書面のことをいいます。
 重要事項説明書は専ら買い主様に対する説明ではありますが、売り主様としても自分が所有する不動産がどのようなもので、どのような状態にあり、どのような条件で売却するかということを知っておくことは大切です。また売却後のトラブルを防止するためにも当店にお申し出いただき、重要事項説明書の控え(写し)をお受け取りいただくほうが望ましいといえます。
 もし、重要事項説明書の内容の誤りや記載もれにお気づきになられましたら、すぐに当店にお申し出下さい。

ステップ4 売買契約を締結し、義務を履行

(1)売買契約を締結する

 売り主様、買い主様、双方の合意を確定的なものにするために、あらかじめ双方から合意を得た日時・場所にお集まりいただきます。事前に双方が確認済みの売買契約書の内容を読み上げ、双方が納得した上で売買契約書への署名・押印と手付金の授受を行うかたちになります。
 売買契約書に使用する印鑑は、売り主様、買い主様ともに実印を使用するのが望ましく、また授受する手付金は事故防止のため預金小切手を用意するのがよいでしょう。
 売買契約締結日の前に、当日持参する書類や支払う金銭(手付金・印紙代・媒介手数料の2分の1など)をご確認ください。

(2) 物件の引渡しの準備をする
 付帯設備一覧表にある付帯設備が壊れた場合は、引渡しまでに修理をお願いいたします。引っ越し後に建物の瑕疵に気づいたときは、話し合いにより修理工事相当額を値引きする場合もあります。
 引っ越しまでに土地の越境問題や境界問題が解決出来ないときは、契約解除・違約金の発生という事態になることもあり得るので十分ご注意下さい。
(3)残代金の決済と引渡しまでに売り主が用意すべきもの
  • 登記済権利証
  • 印鑑証明書
  • 固定資産税評価証明書
  • 委任状(登記申請用)
  • 建築確認申請書(副本)
  • 検査済証
  • (建て売り住宅やマンションの場合には)パンフレット、図面等
  • (隣地との間の覚え書き等があれば)覚え書き
(4)売り主が用意する金銭
  • 担保権等の抹消登記申請費用及び司法書士への報酬
  • 媒介業者への(残りの)媒介手数料
(5)残代金の決済を受け、物件の引渡しを行う際の必要事項
  • 抵当権などの抹消登記申請を行う
  • 所有権の移転登記申請を行う
  • 隣地所有者との合意書など、買い主への引継書類などがあれば買い主に引き渡す
  • 建物の鍵を引渡し、物件引渡確認書を受領する
お問い合わせは 0773-62-0505 メールのお問い合わせはこちらをクリック 入居・引越し関連の書式ダウンロード 物件オーナーの方へ 売りたい方へ 貸したい方へ サイト運営会社 店内イメージ
運営会社/アイシンクス不動産㈲
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜767番地3
TEL.0773-62-0505
AM9:30~PM7:00(休業日:日・祝)
舞鶴市不動産情報
あかり家プロジェクト いえぱと!
前のページに戻る ページトップへ戻る